トップ >> 目的で探す >> 長寿祝い

還暦祝い、長寿祝い おじいちゃん、おばあちゃんずっと長生きしてね還暦祝い、長寿祝い おじいちゃん、おばあちゃんずっと長生きしてね

「これからもずっと元気でいてね!」と願いを込めて、おじいちゃん、おばあちゃんの長寿をお祝いする還暦祝い
還暦祝いは、数え年で61歳(満60歳)に、家族が集まってお祝いします。 アットマーク京都では、人生の節目にぴったりな縁起の良いギフトが満載! これからの豊かな人生を願い、心に残る京の逸品を還暦祝いに贈りましょう。


還暦祝い・長寿祝いとは?

還暦祝いとは?還暦祝いとは?

満60歳の還暦に始まり、数えで70歳の古稀、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿お祝いをします。
まだまだ元気だという方は喜寿までは自分で感謝の会を催し、傘寿以降は周囲の人たちに長寿をお祝いしてもらうとよいです。
いくつになってもお祝いはうれしいもの。家族や親戚などみんなで集まれるいい機会です。特に還暦祝いは盛大にお祝いしましょう。


数え年齢名称由来
61歳還暦(かんれき)生まれた年の干支にもどることから。
70歳古希(こき)唐の詩人杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。
77歳喜寿(きじゅ)「喜」のくずし字の、七を3つ重ねた形から。
80歳傘寿(さんじゅ)「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。
88歳米寿(べいじゅ)「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。
90歳卒寿(そつじゅ)「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。
99歳白寿(はくじゅ)「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。

※以降は100歳が百寿(ひゃくじゅ)、108歳が茶寿(ちゃじゅ)

還暦祝い・長寿祝い贈り物のポイント

長寿のお祝いの品には決まりは特にありませんが、地味な物は避けましょう。
いつまでも若々しく元気でいてほしいとの願いを込めます。
還暦では昔から赤のちゃんちゃんこ、あるいは、赤の入った衣類などが良く言われていますが、還暦に限らず本人の趣味に合った実用品が喜ばれます。
多少、実際の年齢よりも若々しい、派手めの物を選びましょう。

還暦祝い還暦祝い

【赤い色の贈り物】
還暦は、古代中国の暦で、六十年で再び生まれた年の干支に還ることからきています。干支が一巡して、新たな歴を迎えるという意味から、赤ちゃんに戻って生まれ直すという意味合いがこめられています。
そのため、贈り物には赤い頭巾や、ちゃんちゃんこを贈ってお祝いします。
昔から、赤の色には、魔除けの意味も込められているので、還暦を境に「新たな第2の人生のスタート」として縁起の良い色だとされています。


ページの先頭へ