トップ >> 目的で探す >> 法事香典返し

故人を偲び、感謝の気持ちを伝える 法事・香典返し故人を偲び、感謝の気持ちを伝える 法事・香典返し

「ありがとう」の気持ちを故人にかわって伝え、大切なご縁をつなぐ香典返し。 忌明け法要の際にも法事の引き出物として感謝の気持ちをお品に変えてお返しします。 アットマーク京都では、故人を偲んでくださった大切な方々に、満足していただける香典返しを数多くご用意しております。


香典返し・法事について

法事・法要・香典返し法事・法要・香典返し

法事は法要ともいい、亡くなられた方の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う行事です。仏式では、一周忌後の法事を年忌法要といい、四十九日と同様に僧侶、親類、友人を招いて盛大に行います。

また年忌法要は亡くなった月日と同じ月日に法事を行いまが、現在は出席者の都合を考え、命日に近い土曜日又は日曜日にする場合が多いようです。


法事の種類は具体的に以下のようなものがあります。

法要の種類 行う時期(死亡日を含む) 内容
初七日
(しょなのか)
死後7日目
(葬儀当日に行うことが多い)
遺族、親族、友人・知人などで供養し、読経・焼香のあと会食をします。
二七日
(ふたなぬか)
死後14日目 遺族で供養します。読経・焼香は省略することが多いです。
三七日
(みなぬか)
死後21日目 同上
四七日
(よなぬか)
死後28日目 同上
五七日
(いつなぬか)
死後35日目
(忌明けの法要を行うこともある)
遺族、親族、友人・知人などで忌明けの法要を行います。
六七日
(むなぬか)
死後42日目
(省略されることが多い)
遺族で供養。読経を省略することが多いです。
七七日・四九日
(なななぬか)
死後49日目
(忌明けの法要を行う、別名:満中陰)
遺族、親族、友人・知人などで忌明けの法要・会食を行います。
百か日
(ひゃっかにち)
死後100日目 遺族、親族で供養。読経を省略することも多いです。

※以降は、一周忌、三回忌、七回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌の祥月命日に法要を行います。七回忌以降は少しずつ規模を小さくし、三十三回忌で終了するのが一般的です。

香典返し・法事のマナー

法事・法要・香典返し法事・法要・香典返し

香典返しとは、香典を頂いた方に対するお礼の贈り物。
本来、香典は近所の農家の人々が野菜や米を持ち寄り、お供えや葬儀の食事に充てるという意味で用いられていました。当時の香典は頂いたものを帳簿に記しておき別の家に不幸があった際同じだけお返しをするというのが決め事だったと言います。
現在では葬儀の回数や形式も変化し、香典を頂いた方にはその都度「香典返し」をお渡しするのが一般的になったようです。


「仏式」

七七忌(四十九日)の法要をもって満中陰を迎え、忌が明けるということから、忌明け直後に、香典(供物、供花も含む)をいただいた方全員に、無事四十九日(満中陰)法要を迎えたお礼として香典返しを贈ります。

「神式」

一般的に50日目の霊前祭(五十日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、 その直後にお礼の香典返しを贈ります。

「キリスト」

本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習に合わせ教式で行っているようです。
仏教でいう忌明けは、カトリックでは30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヶ月後の召天記念となり、その直後に記念の品として香典返しを贈ります。

香典返し・法要贈り物のポイント

香典返しは挨拶状に添えて届けるのが一般的で、これが忌明けの挨拶となります。供物や供花を頂いた方にも香典返しの品を贈ります。 香典返しは一般的に「半返し」とし、いただいた香典の半額くらいの金額の品物を選んでお返しします。
また、団体の方への香典返しは、お茶やお菓子などのみんなで分けることが出来、人数分のある詰め合わせなどを選びます。

【香典返しにふさわしい品】

喜びごとの場合には、記念としてあとあとまで残るものを選びますが、香典返しの場合は、お茶や砂糖、シーツ、タオル、石鹸など、日用品や消耗品を贈るのがよいでしょう。

お茶 お茶を飲みながら故人を偲ぶということでお茶を香典返しにする習慣が残っています。
陶器 昔は埋葬の習慣があり、人間皆土に帰るという意味を含めて陶器が香典返しに利用されます。
漆器 不幸を塗りつぶすという意味と白木(白装束で仏の世界へ旅立つことから)の場合は、二度と不幸がないように願いをこめて色直しをする意味で漆器が香典返しに利用されています。
砂糖 仏の世界への旅立ちに白装束で旅立つという意味と慈愛を表現するという意味で利用され、また消耗品であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させると言われて香典返しに贈ります。

【香典返しにふさわしくない品】

松竹梅や鶴亀のつくもの、紅白の組み合せ、鯛・昆布・かつおぶし等は、香典返しの品としては避けた方がよいでしょう。

ページの先頭へ