トップ >> 目的で探す >> のれん特集

のれん特集 京都の職人技が終結 ろうけつ染めの制作・工程をご紹介

当店の人気商品「のれん」。
京都に工房を構える“万葉舎”ののれんは、
どれも作り手のこだわりが感じられる逸品。
古典的なものから、
現代的な遊び心あるものまでデザインも豊富。
“万葉舎”ののれんは、全て手染め。
どのような工程でのれんが出来上がるのか、
ほんの少し覗いてみましょう。

ろうけつ染めの染色方法
ろうけつ染めの染色方法01

生地に下書きをし、生地を空中に張ってから熱して溶かしたロウを染めたくない部分に刷毛で馴染ませていきます。

ろうけつ染めの染色方法02

ロウが完全に乾くまで放置し、乾いたら指でロウを割ります。ロウが剥離(はくり)し落ちないように気を付け、割れの柄を作っていきます。
この工程の無作為な割れ線が表情の決め手になります!

ろうけつ染めの染色方法03

ロウが割れたら調合した染料で手染めしていきます。ロウの上から、割った部分にも染料を染み込ませます。生地の裏も同様に染めていきます。

ろうけつ染めの染色方法04

しばらく染料が染み込むまで置きます。

ろうけつ染めの染色方法05

染料が馴染んだら、ロウの上にはじいた染料をタオルで拭き取ります。

※その後、ロウ落とし→蒸し・水元(染料の定着)→整理(シワを伸ばす)→仕立て(縫製)を別々の場所で行い、のれんが完成します。

のれん画像

完成!

それぞれの職人技の終結した
同じものがひとつとして無い
特別な一枚に仕上がります。

それぞれの職人技の
終結した
同じものが
ひとつとして無い
特別な一枚に
仕上がります。

商品ページへ

のれん画像

完成!

それぞれの
職人技の終結した
同じものが
ひとつとして無い
特別な一枚に
仕上がります。

商品ページへ
サイズ変更承ります! サイズ変更承ります! 赤ライン もう少し長く、もう少し短く… そんなご希望にお応えします! もう少し長く、もう少し短く… そんなご希望にお応えします!

お客様のご希望のサイズにカスタマイズ対応可能。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

お客様のご希望のサイズに
カスタマイズ対応可能。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

※一部商品はご希望に沿えない場合がございます。

※一部商品は
ご希望に沿えない場合がございます。

お問い合わせ
お問い合わせ

商品一覧

もっと のれん商品を見る

ページの先頭へ