トップ >> 目的で探す >> 結婚祝い

結婚祝い 色あせない大切な思いを残す結婚祝い 色あせない大切な思いを残す

一生に一度の特別な日。しあわせな二人の門出を祝う結婚祝いには、心のこもったギフトを贈りましょう。 インテリアや生活小物などセンスが光る結婚祝いのプレゼントを取り揃えています。 甘いしあわせな新婚生活のスタートする二人への結婚祝いにいかがでしょうか?

ご友人や同僚の方へ贈る
結婚祝いの定番価格
¥10,000~¥20,000

ご友人や同僚の方へ贈る
結婚祝いの定番価格です。
新生活に向けて、
もらって嬉しい上質なものを取り揃えました。


ご親戚やご家族など、
親しい方へ贈る定番価格
¥20,000~

ご親戚・ご家族など、
近しい方へ贈る結婚祝いの定番価格です。
親しいからこそ、
ワンランク上の逸品を揃えました。


上司・部下など、
会社で
お世話になっている方に贈る定番価格
~¥10,000

上司・部下など、会社などで
お世話になっている方に贈る結婚祝いの定番価格です。
贈られた側が負担に感じず、
お祝いの気持ちが表せる価格帯です。


大切な人に贈る おもてなし
  • ふろしきラッピング
  • 有料

    1包装につき250円

  • オリジナルメッセージカード
  • 無料

  • お熨斗
  • 無料

  • お買い上げ5,142円以上で配送料無料!
  • 無料

  • お届け先複数OK
  • 無料

    配送先1件につき、¥5,142以上のご注文は送料無料(一部地域を除く)

  • よくある質問

結婚祝いの豆知識

結婚祝い・結婚内祝いのマナー

結婚祝い・結婚内祝い結婚祝い・結婚内祝い

結婚祝いを贈る時は、結納から挙式の1週間前までの吉日に持参するのが良いです。 どうしても持参できない場合は、手紙にお祝いの気持ちを言葉を添えると良いでしょう。

日本で不吉とされている4日、9日に結婚祝いを渡すのは避けましょう。良き日とされているのは3日、5日、7日の奇数日。
結婚祝いでは2日(ペアの意)や12日(ダースの意)は偶数日でも良き日とされています。
「切れる」や「割れる」など、離縁を連想させる物はタブーです。


結婚祝い・結婚内祝いの贈り物のポイント

結婚祝い品物は親しい間柄なら、相手のほしいものを聞いたり、リストアップして選んでもらうのも良いです。

どんな間柄の方にも喜んでいただけるものは、食器類やキッチン用品など。鍋などいくつあっても困らないものや、自分ではあまり買わないようなティーカップセットなどをおすすめします。
また、結婚祝いの贈り物は割り切れない数にするのも礼儀とされていますが、ティーカップをペアで贈る場合などは、2客で1組と数えますので良しとされています。

逆にタブーなものは、芸術品や個性的な食器といった個性の高いものや高価で大きすぎるもの。かえって困った贈り物になりかねません。

結婚祝い・結婚内祝いの贈り物の相場は?

結婚祝い贈り物の金額目安

祖父母・ご両親 50,000円~100,000円程度
ご兄弟・ご姉妹 30,000円~50,000円程度
親戚 20,000円程度
友人・同僚 10,000円~20,000円程度
会社の上司・部下 10,000円程度
連名(1 人あたり) 3,000円~ 5,000円程度

結婚祝いを贈るのは、主に披露宴に出席できない場合や、式後に報告を受けて結婚を知った場合が多いようです。
もちろん結婚祝いとお祝い金の両方贈ることもあります。その場合は、両方合わせてお祝い金の相場額にするのが一般的です。


ページの先頭へ